" /> 聴覚障害者との付き合い方に困ったらぜひ読んでみてください | 町草のブログ

聴覚障害者との付き合い方に困ったらぜひ読んでみてください

聴覚障害者

身近な聴覚障害者との付き合い方が分からない…

身近に聴覚障害者の方がいるけど、どうやって付き合えば良いのか分からない…。付き合い方が分からず困惑する方に向けて、両耳に感音性難聴を抱える管理人がアドバイスをします。

最初にお伝えしておきますが、聴覚障害者との付き合い方は難聴とはどのようなものなのか知っておくだけで大分楽になります。

 

補聴器を付けているのに何で声が聞こえないの!?

補聴器を付けているなら聞こえるはずなのに、なぜかこちらの声が聞こえていないようで戸惑った経験はないでしょうか?

知っておいて欲しいのが難聴者と一口に言っても、補聴器を付ければ会話できる人や会話が無理など人によって聞こえの程度が異なることです。

人によって違いがあるのは、難聴の種類の違いと残っている聴力の差によります。

実は聴覚障害には種類があって感音性だと相手の声が識別できなくなる

 

聴覚障害になると困ること
実は難聴には伝音性・感音性・混合性の3種類があり、それぞれ症状が異なります。

伝音性は音を鼓膜に伝える外耳道や鼓膜、鼓膜の奥などに異常がある症状。

音が脳に伝わりにくくなっているだけなので、伝音性なら全員では無いですが補聴器で音を増幅してあげれば比較的に聞こえるようになります。

それに対して感音性は、空気の振動(音)を電気信号に変える蝸牛や変換された電気信号を脳に伝える聴神経に異常が出ます。

感音性になると補聴器を使って音を単純に大きくしても、脳に上手く伝わらないので聞き取れません。

具体的には相手の声を聞いて、「これは~と言っているな!」と識別する能力が落ちるため、声らしき音が聞こえても相手が何と言っているのか分からなくなります。

なお、最後の混合性は伝音性と感音性の両方がある症状で、補聴器が有効かどうかは人によります。

そのため、もし相手の方が聞き取れないようなら、できるだけ筆談やメール、チャットで伝えるようにしてください。

相手の聴力を知ることでどのくらい聞こえないのか分かる

どの程度まで聞こえるかという聴力は、dB(デシベル)という単位を使って表現することができます。

0~25dBまでは健聴者になりますが、25~40dBとなると軽度難聴になって小さい音は聞こえにくくなります。

50~70dBは中度難聴で、大声で話さないと聞こえなくなるので、補聴器の使用を勧められるレベル。

高度難聴の70~90dBでは、大声で話しても聞こえなくなります。90dB以上になるとさらに聴力が落ちて重度難聴となり、救急車のサイレンなども聞こえない状態です。

大半の聴覚障害者は自分の聴力は何dBなのか把握しているので、どのくらいあるのか聞いてみると今後の対応が分かりやすくなりますよ!

ちなみに、管理人の聴力は両耳とも100dBで、重度難聴となっています。

感音性難聴で補聴器を付けているのは生活音を聞くため

重度難聴で感音性にもかかわらず補聴器を付けるのは会話ではなく、生活音を聞こえるようにするためです。

症状が重い場合は、補聴器を付けないと全く音が聞こえません。音が全く聞こえない状態だと車の走行音も聞こえないので、外をちょっと歩くのも危険になります。

また、話しかけられても何といっているのか分かりませんが、補聴器があれば何かしら音はあるので、自分に話しかけているんだなと分かります。

それが分かれば、後は手話なり筆談なりコミュニケーションを取ることができますね。

このようなメリットがあるので、感音性難聴でも補聴器は必要なものです。

ただ、やはり補聴器がある=声を聞き取れるはずという誤解はあるので、人によってはそれが嫌で補聴器を外してしまった方もいます。

補聴器の使用状況はそのような事情があるので、もし身近な聴覚障害者の方が誤解されているようでしたら、補聴器を使っても声は聞き取れないケースがある・生活音を聞くために必要という点を周りの健聴者の方にお伝えしてくれると助かります。

同じ聴覚障害者でも話せる人と話せない人がいる…?

管理人の町草は感音性難聴で100dBの重度難聴ですが、中途失聴なので話すことはできます。

これは小さい頃は耳が聞こえたので、音声言語を習得することができたため。

人間が音声言語を習得するためには、お手本の声をまねる→自分の声を聴きながらお手本と同じように発音するといった手順が必要です。

これを、普通は小さい頃に行うことで母国語を話せるようになります。

しかし、生まれた時から聞こえなかったりはやい段階から難聴になると、お手本の声が聞こえないため音声言語の習得できず喋れなくなります。

生まれた時から目が見えない方が、色を理解できないのと同じ理由ですので、そのような時は心地よく筆談に応じて頂けると幸いです

なお、書いたり文字を理解したりする方は、主に視覚を利用する学習なので問題ありません。

一度コミュニケーションを取ったら何度も話しかけてくる場合は…?

聴覚障害者の方とコミュニケーションを取ったら、その後に何度も話しかけられたり、付きまとわれて迷惑だったという話をいくつか見かけました。

聴覚障害はコミュニケーション障害とも言われるほど、コミュニケーションに問題を抱えることになります。

そのため、周囲とコミュニケーションが取れず孤立し、強い孤独感を感じているケースがほとんど。

恐らくですが、その聴覚障害者の方は、寂しくてコミュニケーションを取ってくれた方に何度も話しかけたり付きまとったりしたのだと思います。

対応としては、迷惑と感じていることをはっきりと伝えてください。

より聴覚障害者について詳しく知りたいなら

より詳しく聴覚障害者について知りたいなら、以下の記事がおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました